中小企業支援のことなら、埼玉県羽生市の行政書士 木村俊之事務所にお任せください。

ミラサポ登録専門家。大手電気メーカー32年の豊富な知識と経験

行政書士 木村俊之事務所

〒348-0053 埼玉県羽生市南5-23-12

0120-092-878

営業時間

9:00~18:00(日祝を除く)

お気軽にお問合せください

トップページ

新着情報

2021年   5月 29日  建設特定技能受入計画のオンライン申請を開始。

2021年   4月 1日  一時支援金の事前確認サービスを開始。

2021年   3月 10日  建設キャリアアップシステムの登録支援を開始。

2020年   9月 6日  感謝状をいただきました。

2020年   8月 28日  建設業入札参加資格申請が始まります。

2020年   3月18日  新しい在留資格である「特定技能」について。

2019年   4月  1日  「外国人技能実習制度」について。

行政書士 木村俊之事務所のご紹介

経営者の右腕になります。

埼玉県羽生市の行政書士木村俊之事務所ホームページを訪問いただき、ありがとうございます。

当事務所代表の木村俊之(きむらとしゆき)です。当事務所は、私の大手電気メーカーでの経験を活かし中小企業の経営者を支援することをメイン業務としております。

外国人の雇用や建設業許可取得・建設キャリアアップシステム導入支援、農地転用・開発許可申請の他、契約書作成や契約締結の法的サポート、事業承継など幅広く、経営者の皆様の相談相手となります。

事務所のありたい姿は、”地域のブレーンたれ!”

お客さまの会社がそのステージに応じて発展を続け、将来に向けてつながっていくことに貢献します。

必ずお力になります。羽生市だけでなく、加須市・行田市、群馬県館林市など近隣のお客さまも一人で悩まずにぜひご相談ください。

最新情報

月次支援金の事前確認サービスを開始

2021年4月以降に実施されている緊急事態措置やまん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業主等へ、措置の影響緩和に係る月次支援金が給付されます。

地域貢献の観点より、一時支援金と同様、事前確認を無料にて、できる範囲で行います。また、新型コロナ感染予防の面から、なるべくオンラインによる事前確認をお願いしています。

 

建設特定技能受入計画のオンライン申請を開始

建設分野における人材不足を補うため、在留資格「特定技能」を活用して外国人の熟練技術者を雇用する場合、必ず建設特定技能受入計画を作成し、国土交通大臣の認定を受ける必要があります。

令和2年4月1日より、この申請が原則としてオンラインによることになったのに伴い、このオンライン申請サービスを開始いたしました。

必要な主な書類は以下のとおりです。

  • 登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
  • 建設業許可証
  • 常勤職員数を明らかにする文書(社会保険加入の確認書類)
  • 建設キャリアアップシステムの事業者IDを確認する書類
  • 特定技能外国人受入事業実施法人(JAC)の会員証明書
  • ハローワークで求人した際の求人票
  • 同等の技能を有する日本人と同等額以上の報酬であることの証明書
  • 就業規則及び賃金規程
  • 同等の技能を有する日本人の賃金台帳
  • 同等の技能を有する日本人の実務経験年数を証明する書類
  • 特定技能雇用契約書及び雇用条件書の写し
  • 36協定届等
  • 雇用契約に係る重要事項事前説明書
  • 建設キャリアアップシステムの技能者IDを確認する書類

 

 

一時支援金の事前確認を開始

2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業主等へ、「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」が給付されます。

申請に当たっては、登録確認機関による事前確認が必要ですが、当事務所を登録確認機関として登録したのに伴い、このサービスを開始いたしました。

→予約枠いっぱいになりましたので、5月21日をもってサービスを終了いたしました。想定を超えるご利用をいただき、ありがとうございました。

 

建設キャリアアップシステム登録支援を開始

建設業の現場を担う技能労働者の高齢化や若者の減少といった構造的な課題を解決するためには、建設業を支える優秀な担い手を育成・確保していく必要があります。

建設キャリアアップシステムは、そのために作られたシステムで、技能者の現場における就業履歴や保有資格などを蓄積することにより、技能者の処遇改善や技能の研鑽を図ることを目指すものです。

この仕組みに参加することが、公共工事の入札や建設特定技能外国人の活用に必要となっています。事業者登録・技能者登録などトータルでサポートいたしますので、メールやお電話でお問い合わせください。

 

建設キャリアアップシステムはこちら

建設工事請負入札参加

2年毎に行われる、埼玉県をはじめ、埼玉県内の地方公共団体が発注する建設工事等への入札参加資格の申請が始まります。

現在、入札参加資格をお持ちの事業者の方は、忘れずに更新してください。

また、事業規模の拡大や販路の開拓等に興味があり、新規に取得したいという事業所様はまだチャンスがあります。詳しいことはお問合せください。

 

ネット学習で生産性向上

国土交通省が中小・中堅の建設企業を支援する「地域建設産業活性化支援事業」の一環として開始するオンライン講座。

テーマは「建設業生産性向上」。ご興味がある方は受講してみたらいかがでしょう。

社員教育にも使えるかもしれません。

 

建設技能トレーニングプログラム

「建トレ」の紹介です。

「建トレ」は建設業で働く職人さんが効率よく技能を学べる研修プログラムです。建設業の担い手不足のため、これからは技能アップがとても大事になります。ぜひトライしてみてください。

 

メディア掲載情報

羽生市農業委員に就任

今年度(令和3年)より、羽生市農業委員会の委員を務めることになりました。

農業委員とは、農地の保全や有効活用が活動目的ですが、実際は農地の転用や売買に必要な許可について審議するのが主な業務になります。

母校からの感謝状

新型コロナウィルスの影響で大変苦しい状況にある母校の学生達を少しでも支援しようと、少しですが寄付をさせていただきました。

活躍する実務家

法律家や公務員等を育成する伊藤塾様から取材を受けました。「活躍する実務家」ということで紹介されました。

単なる法律家ではなく、実務にも精通していることが認められたことを、とても嬉しく思います。

詳細はこちら

特定行政書士へ

行政への不服申し立ての代理が可能な特定行政書士。新しい資格制度。

法定研修を受講後、考課試験に合格し、第1期の行政書士として認定されました。

「許認可申請をしたけれど、不許可になった。納得できない。」という場合、ぜひご相談ください。

特定行政書士とは

 特定行政書士制度は、平成26年6月27日に公布され、同年12月27日に施行された改正行政書士法により、創設されました。

 従来行政書士ができなかった、行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申し立ての手続きについて代理し、及びその手続きについて官公署に提出する書類を作成することを業とすることができるようになりました。

申請取次行政書士

申請取次行政書士とは、出入国管理に関する一定の研修を修了した行政書士で、申請人(外国人)に代わって申請書等を提出することが認められた行政書士のことです。

行政書士木村俊之事務所の特徴

豊富な経験

32年間にわたる、製品開発、部門の管理職としての人材育成・様々な課題解決・顧客要求への対応、取締役としての事業計画立案・組織改革など多岐にわたる経験を活かし、幅広い相談に対応できます。

迅速な対応

グローバルな競争時代に、忙しい経営者の皆様の要望に応えるためには、迅速な対応が求められます。様々なコミュニケーション手段を駆使したフットワークの良さが売りです。

地域密着で長いお付き合い

当事務所は、”身近な街の法律家”として地域のブレーンとなるべく、地域密着型で事務所経営を行ってまいります。お客さまとコミュニケーションを密にとり、顔の見える事務所として安心・信頼を大事にしています。

経営士(コンサル)+行政書士(法律家)

行政書士としてお客さまの事業拡大につながる法律に基づく許認可申請だけでなく、経営コンサルタントとしての経営改善、事業継承まで長く、幅広く支援いたします。

お客さまの声

安心して相談できました

東京都北区のY.T様

親切・丁寧な対応をモットーとしております。どうぞお気軽にご相談ください。

お客さまの声の詳細はこちら

サービスのご案内

経営コンサルタント

経営者の右腕として、会社経営全般について、豊富な実務経験と法律知識に基づいたアドバイスを行います。

契約書作成

取引先との各種契約書作成や契約内容についての法律知識に基づいたアドバイスを行います。

事業承継の支援

事業を承継していくために、経営者や従業員へのヒアリングを通して、見えない知的資産を知的資産経営報告書に見える化します。

企業での実務経験に基づいた的確な助言が可能です。

在留資格申請

外国人が日本に在留するには法律に適合しなければなりません。留学生を雇用する場合や海外法人の社員を実習させる場合に必要となる在留資格に関する相談や各種申請を行います。

法人設立・創業融資支援

行政書士としての定款作成だけでなく、事業を開始するにあたり、経営コンサルタントとして創業計画書や会社の仕組み作り等、トータルでサポートいたします。また関係士業との連携により全てワンストップで進めます。

事業の許認可申請

事業を開始するにあたり、必要な許認可のアドバイスおよび取得の手続きを行います。取得した許認可の更新手続きなど継続的に支援します。

また、農地転用の許可・届出等も行います。

よくあるご質問

当事務所に寄せられる、ご質問やご相談をQ&A形式でまとめています。

料金

サービス料金のご案内です。

事務所案内パンフレット

埼玉県羽生市で契約書作成、経営戦略立案、事業計画書作成をはじめとする中小企業支援を行う行政書士木村俊之事務所案内のパフレットです。ご参考まで。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-092-878

受付時間:9:00~18:00(日祝を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-092-878

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表プロフィール

木村俊之
資格
  • 特定行政書士
  • 申請取次行政書士
  • ミラサポ登録専門家

中小企業の経営者の良き相談相手として、親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

行政書士木村俊之事務所

0120-092-878

住所

〒348-0053
埼玉県羽生市南5-23-12

事務所への略図

0120-092-878

住所

〒348-0053
埼玉県羽生市南5-23-12

ブログ 毎日更新中!

行政書士業務だけでなく、趣味や日々感じたことや思ったことを綴っております。こちらもご覧ください。

詳細はこちら